「春眠暁を覚えず」の意味。なぜ春の朝は起きられない?

「春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)」は、直訳すると「春の眠りは心地よく、夜が明けたのにも気づかずに寝過ごしてしまった」という意味。

中国唐代の詩人であった「孟浩然(もうこうねん)」が詠んだ有名な漢詩の一節です。
うららかな春の朝をあらわすのにぴったりな表現なので、春になって暖かくなると、あちこちで耳にすることが増えるかもしれません。
下記で全文の意味と、この表現を日常生活で使うときの使い方のポイントを解説していきます。

さらに「なんだか最近、寝ても寝ても眠気が取れない」と感じている人にオススメの、朝スッキリ目覚めるための方法もご紹介。
寒かった冬が終わり、待ちわびた季節の到来です。シャキッと目覚めて感性を研ぎ澄ませ、春を満喫していましょう!

「春眠暁を覚えず」の意味

桜とメジロ

春になるとよく聞く「春眠暁を覚えず」という一節。「春の眠りは心地よく、夜が明けたことにも気づかず寝過ごしてしまった」という意味ですが、実は以下の4節から成る漢詩の冒頭部分です。

  • 春眠不覚暁・・・春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)
  • 処処聞啼鳥・・・処処啼鳥を聞く(しょしょていちょうをきく)
  • 夜来風雨声・・・夜来風雨の声(やらいふううのこえ)
  • 花落知多少・・・花落つること知る多少(はなおつることしるたしょう)

意味:
春の眠りは心地よく、夜が明けたことにも気づかず寝過ごしてしまった
あちこちで鳥が鳴いているのが聞こえる
昨夜は風雨の音がしていたが
どのくらい花が散ってしまったことだろう

春のうららかな朝、作者は鳥の声を聞きながら寝床のなかでまどろんでいるのでしょうか。
寝過ごしたと言いながら、花の散り具合を心配しているなんて、とても優雅な詩ですね。

正しい使い方と例文

10時を過ぎる時計とベッドで眠る女性

朝寝坊したくなるような春の朝には、こんな一節をスマートに使ってみたいですよね。
でも使い方を間違えると、スマートどころか「??」と思われてしまうかも。

使い方のポイントは、「春」と「朝」。
いくら気持ち良く眠れても、秋の眠りやお昼寝には使いません。もちろん冬の朝に寒くて布団から出られない、なんてときにも使えないので覚えておきましょう。

例文:
「最近めっきり春めいてきましたね。よく眠れて、困ってしまうくらいです。春眠暁を覚えず、ですね」
「今朝なかなか起きられなくて、あやうく遅刻しそうになったよ」「春眠暁を覚えず、だからね」
「春なんだからもう少し寝かせてよ、春眠暁を覚えずって言うじゃない・・・zzz」

春と朝のポイントだけ押さえておけば、あとは難しい決まりはありません。
「春の朝って気持ちいいなあ」「もっと眠っていたいな」と感じたときは、どんどん使ってみてくださいね。

春は眠りが深くなる?浅くなる?

桜

「気持ちが良くて起きられない」というニュアンスの詩ですが、実際のところはどうなのでしょうか。
夜、ぐっすりと眠れていれば、朝はスッキリ目がさめるはず。朝、眠気が残ってしまうのは、夜の睡眠に何かしら問題を抱えていることが考えられます。

そういえば孟浩然も詩のなかで、「昨夜は風や雨の音がしていた」と詠んでいます。夜に来た春の嵐のせいで、あまりよく眠れなかったのかもしれません。そのせいでよけいに、朝起きられなかったのでしょうか。

私たち現代人にとっても、春は進学や就職などで環境の変化が大きい季節。また、春は冬に比べて日照時間が長くなってくるために、睡眠時間は冬に比べ短くなる傾向にあるそうです。

環境や気候、人間関係などの変化に慣れるまでは、さまざまなストレスから夜の眠りが浅くなりがちな春。
朝になっても眠気が取れず、ぼーっとしたままでいると、仕事や勉強にも支障が出てしまいます。

春の朝もスッキリ起きる2つの方法

ストレッチする女性

ぐっすり眠り、スッキリ目覚めるためには、「自律神経」のケアが欠かせません。

自律神経とは、汗をかいたり食べたものを消化したりと、私たちの体を最適に制御してくれるシステムのこと。
体をアクティブモードにするアクセル役の「交感神経」と、体をリラックスモードにするブレーキ役の「副交感神経」の2種類から成っています。

ぐっすり眠るためには、眠る前に副交感神経を優位にして、体をリラックスモードにしておくことがとても大切。

方法1:全身のストレッチ

簡単に副交感神経を優位にする方法として、オススメなのが「ストレッチ」。
というのは筋肉をゆっくりと引き伸ばすことで、副交感神経が刺激され、体がリラックスモードにスイッチするからです。お風呂上り、体が温まって血流が良くなったタイミングで取り入れてみてください。

  • 首のストレッチ:ゆっくりと首を前に倒し、次に後ろに倒す。左回りにぐるりと1周首を回し、次に右回りにぐるりと1周首を回す
  • 手首と肩のストレッチ:左手首を右手で持ち、ゆっくり前に曲げ、次に後ろにそらす。右手を左の肩に乗せ、左肩を下に押して肩を伸ばす。左右を替えて同様に行う
  • 足と腰のストレッチ:床に座り、両脚を広げて伸ばし、ゆっくりと左右交互に脚の方に前屈する。次に中央に前屈する
  • 背中と腰のストレッチ:両脚を伸ばしてそろえて座り、ゆっくりと前屈する
  • 脚のストレッチ:床に座り、両脚を広げて伸ばし、右足をゆっくり後ろに曲げて右太ももを伸ばす。左足も同様に行う

時間は2〜3分程度。心地よいと感じる程度の負荷で、急がずゆっくり行うのがコツです。

方法2:目の周りを温めてほぐす

そのほかには、目の周りを温めることも効果的。
目の周りの筋肉が緊張していると、交感神経が優位になってしまうのですが、逆にこの筋肉をゆるめて血流を良くすると、副交感神経が優位になることがわかっています。
お風呂で温めてもいいですし、蒸しタオルを使ってもしっかり温めることができます。

  • 蒸しタオルを使った目の温め方
    1. 濡らしたタオルを絞り、電子レンジ(600W)で50秒ほど温める
    2. タオルが熱すぎないか手で確かめてから、まぶたを閉じてタオルを乗せ、冷めるまで2〜3分おく

毎回ホットタオルを作るのが面倒だという人には、USB電源のホットアイマスクもオススメ。2000〜3000円程度の価格帯でいろいろ選べます。
ケーブルがマグネット式のもので、タイマーで電源が切れるタイプを選べば、そのまま寝てしまっても安心です。

Melo ホットアイマスク

「春眠暁を覚えず」なら、寝る前にストレッチ!

カーテンを開けて外を眺める女性

進学や進級はもちろん、社会人なら新入社員、逆に新人さんを迎え入れる側と、誰もがそれぞれの新しい環境へと飛び込む季節、それが春です。
しんどいこともありますが、それ以上に楽しいことや新たな出会いが待っている、とてもワクワクする季節。

時間を気にせずのんびりゆったりできるときなら「春眠」もいいものですが、スイッチを入れて頑張りたいときまで、しつこい眠気と戦わなくてはならない「春眠」はイヤですよね。
もしあなたが「寝ても寝ても疲れがとれない・・・」「朝が来てもまだまだ寝ていたい・・・」と感じているようなら、その原因は春のうららかな気候のせいばかりではないのかも。

良い1日は良い朝から。そして良い朝は良い眠りからやってきます。ストレッチや蒸しタオルなら、手間もお金もかからずできるので、ぜひ試してみてくださいね。

このコラムの後半はこちらの書籍を参考にしています
「ホルモンを活かせば、一生老化しない」 根来秀行